株式会社 親和|総合基礎工事|熊本県熊本市

 

BASIC工法

 本工法は、掘削装置のヘッド、オーガスクリュー(スパイラルスクリュー、スリットスクリュー)、連結シャフト(スクリューおよびロッド)、撹拌ロッドなどを用いてプレボーリングを行い掘削土砂と杭周固定液を混合撹拌し、ソイルセメント状にして杭周面部を築造し、更に先端部に根固め部を築造して、その掘削孔内に基礎杭を建込み、地盤中に定着させる工法である。

 

 

打撃工法

 杭頭をドロップハンマ、ディーゼルハンマ、油圧ハンマなどで打撃し支持力を発現させる。施工費が低く経済的であり、また、打込み時の貫入量から支持力を客観的に確認できるので信頼性が高い。しかし、打込みによる振動・騒音を伴うほか、打込みにより杭材を損傷することもある。

適用杭径は、φ300~φ800程度、最大杭長は、杭径の110倍程度である。

 

 

プレボーリング工法

ニーディング工法

 建設大臣認定工法で、特殊オーガで所定深度まで掘削し、根固め液に切換え拡大ビットなどにより杭径以上の球根を築造した後、設計によって杭周固定液が必要な場合にはこれを注入しながらオーガを引き上げる。掘削孔に杭を挿入し、杭自重または杭を回転することで所定深度に定着させる。
根固め液と杭周固定液の硬化によって杭地盤を一体化させ支持力を発現する。

低振動、低騒音で施工でき、支持力算定式における支持力の評価がプレボーリング根固め工法より高く、経済的な設計が可能。

適用杭径は、φ300~φ1000、最大杭長は、80mかつ杭径の110倍程度である。

 

 

中堀工法

STJ工法

 先端部に噴射孔をもつSTJビットを取付けた連続スパイラルオーガをあらかじめ杭中空部に挿入した杭を建込み、オーガ駆動装置にスパイラルオーガを接続し、掘削を開始する。
杭の沈設は、スパイラルオーガを回転させて杭先端部から1m以内での先掘りを行いながら杭中空部を通して土砂を排出して行う。
杭先端が支持層に達した後、支持層中に1D(D:杭径)以上根入れし、拡大球根部を高圧水により一次掘削を1サイクル行い、STJビットを杭先端位置まで引き上げ、スパイラルオーガの回転を低速に切換え二次掘削を行う。
二次掘削でSTJビットが所定の深さに達した後、根固め液(セメントミルク)に切り換え、スパイラルオーガーを通してSTJビットから高圧噴射しながら、ゆっくりスパイラルオーガを引上げ拡大球根を築造する。さらに連続して、杭中空部内に所定長以上の根固め液噴射を行い、所定量の注入が完了した後、杭を加圧し、被圧水を押さえるために杭中空部に注水を行いながら、オーガを引抜き施工を完了する。
注入された根固め液の硬化によって杭本体と拡大球根を一体化させ、杭支持力を発現させる工法である。

 

キング工法

 機械的に拡翼するキングビットをスパイラルオーガの先端に取付け、鋼管杭の管内に挿入して回転させながら、杭先端部の土砂を連続的に排土し、杭を所定の位置まで沈設する。

沈設時には、排土を補助するため必要に応じ圧縮空気を使用する。

その後、キングビットを杭径D+100~200mmに開いて拡大掘削を行い、杭先端部にセメントミルクを噴出しながら支持層地盤を撹拌混合し、先端拡大根固め球根を築造します。

注入した根固め液の硬化によって、杭本体と拡大球根を一体化させて支持力を発現させる工法である。

 

タイプ工法

 タイプ工法は、掘削用の特殊ヘッドを杭中空部に通したオーガーシャフトの先端に取付け、掘削水を吐出しながら杭本体とともに回転させて中堀りを行い、所定深度まで掘削圧入し、その後、杭先端部にセメントミルクを低圧で噴出撹拌して、先端根固め球根を築造する工法です。

 

 

回転貫入鋼管杭工法

GWP工法

 GWPは、鋼管先端に翼とコーンが付いており杭を回転させることにより、先端翼の貫入作用で地中に杭を貫入させる工法です。

回転貫入工法のため、低騒音・低振動であり鋼管先端翼の効果により高い支持力を得ることが可能。また杭を逆回転させることにより引抜・撤去が可能で、環境負荷が少ない杭です。

 

 

先行掘削

ダブルオーガー工法

  掘削機構に特殊型モーターを2台使用し、出力軸の左右に各1台を配してバランス良くしたもので、掘削精度が高くなっている。

 

ドーナツオーガー工法

 互いに逆転する内側スクリューと外側スクリューにより掘進するに二重スクリュー式の基礎杭穿孔機です。

 

 


株式会社 親和

Copyright (C) SINWA All Right Reserved.